故郷に恩返し|家電や特産品が貰えるだけのものではない!ふるさと納税で税負担軽減
果物

家電や特産品が貰えるだけのものではない!ふるさと納税で税負担軽減

故郷に恩返し

食材

ふるさと納税は、現在とても注目されている制度。ふるさと納税という名前ですが、自分の出身地を選ばなければならないということはないものだ。どの都道府県でも市町村でも、自由に自治体を選ぶことができる。また、ひとつの自治体だけではなく、自由にいくつでもふるさと納税を行うことが可能だ。また、納税という名前ですが実際には寄付行為である。自治体に寄付したことを照明する書類を添えて確定申告すると、2000円分を除いた金額分が納めるべき税金から控除あるいは還付されるという仕組みなのだ。ですから、直接各自治体に税金を納める訳ではないのだ。このため、ふるさと納税をしたらその年度の確定申告時に注意が必要となる。

ふるさと納税は、実質2000円の負担で各地の名産品などがもらえるお得な制度として、注目されてる。しかし、ふるさと納税の制度を利用するときに、気を付けなければならないことがある。それは、自分の収入(納税予定額)と寄付金の総額。ふるさと納税をいくら行うかは、全く自由である。しかし、自分の収入(納税予定額)によっては、2000円以上の実質的な負担が生じるのだ。いくらまでなら2000円の負担でふるさと納税の制度をお得に利用できるのか、事前に調べておく必要がある。この額を左右する要素は、収入の他に扶養家族の存在や人数がある。しかし、一般的には収入の高い人ほど納税額が高くなるので、それだけふるさと納税を行える総額が大きくなる傾向にある。