野菜

家電や特産品が貰えるだけのものではない!ふるさと納税で税負担軽減

魅力は多い

風景

近年注目されている納税方法の1つにふるさと納税がある。この納税方法は、自分の出生地に関係なく、どの地域でも納税ができる制度となっている。震災後の復興支援として利用されている制度の1つとなるものだ。

Read More..

特徴を知ろう

食材

ふるさと納税とは2008年、安倍政権のときに創設された制度で、正確にはふるさと寄附金という。一つ目は、その地域の特産品がもらえるということ。ふるさと納税をすると、お礼として特産品や家電に旅行券がもらえる。二つ目は、寄附をする先は生まれ故郷でなくてもよいということ。三つ目は、税金の控除がされるということ。ただ、何もせずに控除されるというわけではなく、自分で確定申告する必要があるが。四つ目に、寄附の使い道を自分で決めることができる。五つ目には、複数の自治体に寄附をすることができる。では、実際にふるさと納税するにはどうすればよいか。簡単にではあるが手順をご説明しよう。まず、寄附したいふるさとを選ぶ。品物と寄附金証明書が届く。次に、確定申告をする。寄附後に送られてくる寄附金証明書を確定申告書に添付し郵送。1月1日から12月31日までに行なった寄附を翌年3月15日までに最寄りの税務署に確定申告することで完了。

ふるさと納税にはメリットばかりでなくある種のデメリットも生じたようだ。寄附者の居住する地域の自治体にとっては想定外の出費である還付金が発生するという結果ももたらした。ふるさと納税が昨年から今年にかけて急激に増えた地域といえば、栃木県栃木市。特産品であるイチゴのとちおとめを希望する納税者が多いという。また、三重県伊賀市に対する納税も多いという。おそらく、牛肉を希望されていることだろう。普通に購入するのはちょっとという高級な果物、肉類、海産物は勿論ですが家電や旅行券も選べるリーズナブルにちょっとした贅沢を楽しまれるのも一興だろう。

故郷に恩返し

食材

自分が育った故郷への恩返しをすることができるふるさと納税はとても魅力的な精度である。自分で好きな都道府県や市町村を選ぶことができるメリットがあるが、複数の自治体を選ぶことも可能。

Read More..

ネットからも納税できる

魚

ふるさと納税のシステムを利用する人は増えている。各土地によってはプレゼントがもらえるのが魅力だ。比較的安い金額で行なうことが出来るのもふるさと納税の魅力の一つである。

Read More..